「卵の選び方保存の仕方」カテゴリーアーカイブ

赤い卵と白い卵はどちらが栄養価が高いのか?どちらを買うべき?

アラフォーシングルマザー明美です。今日もバリバリトラック運転手として働いています。最近パソコン使ってブログを更新するのが楽しくて、日課にしたいんですが、そこまで時間が取れず、時々の更新になっています。

今パソコンも選ばなければ安いんですよね。私はスマホも使いこなしていると思いますし(笑)、そんなに機械に疎いわけではないんですが、時々わからないところがあったときに、反抗期真っただ中の娘に、パソコンの使い方を教っています。

もちろん、記事は見せてはいませんよ。反抗期なんて書いているこの記事を見られたらもっと素直じゃなくなってきますかね(笑)

パソコンの使い方を教わるっていうのも娘とつながる一つのコミュニケーションです。まぁ、教え方雑ですけどね。だからこうだって言ってるでしょ!さっきも同じこと言ったでしょ!っていうんです。

またここで、私が、教え方が雑なんだよ!って言うと、娘は、じゃあもう一人でやってよ!ってな感じで、また喧嘩が勃発することもありますけど。

むかついたりしますけど、それでも私の大事な一人娘ですから、何とかコミュニケーションを取ろうと必死です。

いつか母の苦労を理解しろよー!(笑)

今日の食材は私も娘も大好きな卵です。

≪卵は赤いほうが栄養があるのか白いほうが栄養があるのかについて≫

スーパーに行くといろんな種類の卵が売っていますよね。高い卵や安い卵、大きさも様々だし、正直どれがいいのか迷います。

ヨード卵光とか赤系の卵、普通の白い卵、どっちを買っていますか?私は何となく赤い卵のほうが栄養価が高いんじゃないかと思って赤いほうを買ってくることが多いんですが、実際のところはどうのかっていうのを調べてみました。

赤玉、ヨード卯など、普通の卵とはどこかひと味違うということで、いろいろな卯が宣伝されているけど実際にはどうなのだろうか。

これらは通常の白により値段も高いし、栄養学的にはそれだけの値打ちがあるものなのだろうかとちょっと考えますよね。赤玉の卯は何となく栄黄分が高いような気がします。それで、卵かけごはん用には赤玉を買ったりしてました。

で、卵焼き用には白い安い卵を買ったりとかしてます。

白玉に比べて生産量も少ないから、それが希少価値になっているのかもしれないですね。しかし、赤には単に鶏の品種の連いによるもので、羽の色が褐色のコーチン種から生まれる卯なんです。

ちなみに、白玉は羽の白い白色種の鶏が生む卵なのです。ヨード卯は飼料にヨードを加えて生ませた卵だから、たしかにヨードが入っているのです。しかし、日本人はヨードの豊富なワカメ、ヒジキ、コンブなどを多量にとっており、塩もヨードを含む塩なので、わざわざ卯からヨードをとる必要性はないんです。

以上のように見てくると、赤玉をはじめとするブレミアム感のある卯も、普通の白にも、成分や栄養の面からは何ら違いはないんです。高いと体にいいような気がしちゃいますが、それは売る側のテクニックに踊らされているだけだったんです。

私はしっかり踊らされていました。

それよりも、今後は新鮮な卵を買う方が大切だということを忘れないようにしたいです。もう赤玉のほうが栄養があるっていうのは思い込みだっていうのが分かったので、安い卵でもいいんだっていうのが分かりました。

少し家計に優しくなります。

≪卵は洗うべきか洗わないべきか≫

私はこう見えて結構潔癖症なところがあって、何でもよく洗うんですけど、卵って洗わない人多いんですよね。私は1回サッと洗うんです。この間トラック仲間に言ったら小バカにされました(笑)

洗わない派のほうが多かったんです。だから、調べてやりましたよ!

スーパーで売っているプラスチック・パックに入っている卯には、汚れのついているものは見当たらないですよね。フンなんかついていないし、見た感じきれいな状態です。

これは出荷する前にきれいに洗浄されているからなんです。ブラシをかけられ、汚れをすっかり水で流してから流通網にのる。これがスーパーに並んでいる卵です。

よく卵は洗うと腐りやすくなるという人がいるが、店頭に並んでいる卵は水で洗浄されたものなんです。

どうして卵を洗うと腐りやすくなるという都市伝説的な話がはびこっているんでしょう。

むしろ洗浄せずにフンなどがそのままついたものを冷蔵庫のなかに保管するほうが危険ではないでしょうか。菌が他の野菜や肉、魚などの食品に付いたりしたら大変ですよね。

卵のからにはサルモネラ菌が付着していることもあるんです。この菌は食中毒を起こす菌として知られていて、重症になると怖いものです。

だから、卵を買ってきた時は、冷蔵庫に入れる前にもう一度洗っておくと衛生的なんですよ。卵の殻は呼吸しています。殻には目に見えない小さな穴が無数に開いていて、そこから卵の内部に空気が入っていきます。

しかし中に空気が入っても、卵の中身はすぐには腐らないようにできているのです。それは、卵の白身に含まれているリゾチームという酵素が守ってくれていて、卵の内部にまで入ろうとする菌を防ぐ作用があるんです。

というわけで、、、冷蔵庫に入れる前に卵はもう一度洗うというのがより安全な方法でした。

だから、トラック運転手仲間のママたちに言ってやりましたよ!(笑)

へへへ!笑)そんなトラックママチームで流行ってる ほうれい線 無くす 化粧品 がとっても効果があるってみんな使ってるんです。良かったらここからチェックしてみて下さいー!